読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれにっき。

何気ないできごと、雑記などを書いていきます。

「戦場のメリークリスマス」で鼻水が出るほど泣いた話

さっそく、最初の投稿から日が空いてしまいました.....

今日はタイトル通り、最近見た「戦場のメリークリスマス」について書きます。

読んだ本なんかもそうなんですけど、感想とかを書いておかないと

気が済まないタイプの人っているじゃないですか。私、それなんですよ。

というわけで、書いていくぞ〜。

 

 戦場のメリークリスマス1983年

監督:大島渚

出演者:デヴィッド・ボウイ坂本龍一ビートたけしトム・コンティ

 

いや、もうベッタベタな名作なんですけどね....

何をいまさら!って感じなんですけどね......

恥ずかしながら、私は2日前に初めて見たんですよ。

もちろん有名だからタイトルは知ってるし、テーマ曲も聴いた事あったけれど。

もうタイトルからしてバッドエンドじゃん、避けとこう...

と、長年見るのを避けてたわけです。確実に引きずっちゃうから。

でも、自分なりに勇気を出して見てみたわけですよ。

 

やっぱりとてつもなく悲しいじゃん!!!!ああぁ〜...

でもなんか見てよかった...と、何とも言えない複雑な気持ちになりました。

ストーリーは割愛しますが、題名からも分かる通り

「戦争」をテーマにした映画なんですよ。

戦争が人を狂わすこと、異人種の間で交錯する価値観の違い...

そういったものが生々しく描写されていて正直苦しかった。

 

そして、今でも語り継がれるラストシーン。

ハラ・ゲンゴ軍曹(ビートたけし)がジョン・ロレンス英軍中佐(トム・コンティ)に「メリークリスマス、ミスター・ロレンス!」と、叫ぶシーンですね。

映画を全編通して見てみて、やっとこのシーンの重みを理解できました。

少し涙目になりながらも、満面の笑みを相手に向けるハラ軍曹。

なんて悲しい悪夢だったんだろう、と感じられずにはいられませんでした。

ほぼこのシーンで鼻水垂れるほど泣いてしまったんですけれど、

うん、やっぱり見てよかったなと思います。

 

まだ見たことのない方は、ぜひ見てみてください。

では、おやすみなさい。