つれづれにっき。

何気ないできごと、雑記などを書いていきます。

色褪せぬ名作ゲーム、「ぼくのなつやすみ」

今日は季節に合わせて、私の大好きな名作ゲームの話を書きます。

 

ぼくのなつやすみ(2000年)

開発元:ミレニアムキッチン

発売元:ソニー・コンピュータエンターテインメント

 

言わずと知れた名作ですね。

私がいつもプレイしているのはぼくなつ2なんですけど、

初代もすごく良く出来ていて大好きなので、今日はこちらの感想を。

 

ちなみに発売当時のキャッチコピーは

なくしたもの思い出しゲーム

 

...なんとも言えない寂しさが漂っています。

説明書にはこう書いてありました。

 

大人のだめをどんどんやりましょう。ダメなことほどやりたいこと。

大人のだめをどんどんとことんやりましょう。

それが楽しい夏休みを過ごすための基本です。

 

このゲーム、私が物心ついた頃にはもう家に置いてあって

当時は何も考えずに、ただ楽しいからやっていましたが、

今になって説明書を読み返したり、プレイしたりすると

もう涙しか出てきません.....

 

ノスタルジックな気持ちって心に直接響くから、

感傷的にならざるを得ないんですよね。

でも私は、このゲームに常に漂っている寂しい雰囲気が好きで。

 

内容としては、8月1日〜8月31日までを田舎の親戚の家で過ごすだけです。

でも、ストーリーやイベントが作り込まれていて、

思わず唾を飲み込んでしまうような演出にグッと来ます。

おすすめは、ひまわりが枯れる夢ですね。ゲームの終盤に出てきます。

ああ、子供時代ってこういう夢みたな、と童心に帰るような思いでした。

 

いろんな気持ちが芽生えてきて懐かしい気持ちになれるので、

もし機会があれば、プレイしてみることをオススメします。

 

 

夏にやるべきことと言えば...?

すでに森山直太朗の『夏の終わり』を歌いたい気分です。

時間は経っても名曲はいつまでも名曲だなぁ。

 

私は夏生まれなので、「また年とるのかよ.....」と

舌打ちしたくなる憂鬱な季節なんですけどね。

 

それはそうと、夏ってイベントが多すぎて

何やったら良いのかわからなくなりませんか?

 

お祭り、花火大会、海やプール.....

もう数え切れないくらいありますけど、

私は断然ぼくのなつやすみ2をプレイするのが好きです。

猛暑のなか、わざわざ外に出て行って熱中症で倒れるより、

クーラーのガンガン効いた部屋で夏休みを体験する方が

よっぽど効率よくないですか。

 

ちなみにこの話を友人に話したら「いい加減にしろ」と怒られました

 

まぁ、夏休みに入ったら実家に帰るので

いやでも外へ出ることになるんですけどね。

近所で開催される祭のお手伝いをしたり、親戚の子と遊んだり。

なんだかんだで外に出なきゃいけないんです.....

 

あと、私は超インドア派のくせに虫とりが大好きなので

今年も虫とりにだけは絶対行きたいと思っています。

もちろん、ぼくのなつやすみの影響で好きになりました。

虫とりと言っても、カブトムシやクワガタなどの甲虫類ではなく、

トンボや蝶々みたいな飛ぶやつらを捕まえます。

捕まえた虫を少しの間だけカゴの中に入れてデッサンし、

描き終わったあと大自然に帰します。

 

この一連の行為をしないと、私の夏は始まりもしない.....

とにかく、早く夏休みが来ることを祈るばかりです。

やっぱり人生設計はしておくべきだった...

重苦しいタイトル.....

 

もう大学3年生ですけどね、

いまだに自分が何をするのか決められないんですよ。

私みたいな人間が就活で取り残されるんでしょうね.....

 

今から企業面接の妄想をしていますけど、

何やっても八方塞がりで不合格になる自分が容易に想像できますね。

 

しかし、私の周りって割とそういう人が多いんです。

美術大学にいるから、余計そう感じるだけかもしれませんが。

「今はいろんな人の力を借りて好きなこと出来てるけど、

これからどうなるのかはわからない。」とのこと。

良く言えば楽観的、悪く言えば考え足らずって感じですね。

 

まぁ今までもそうだったんですけれど、もう流れに乗るしかないですよね。

 

小学校高学年のころ、『人生の計画表をつくってみよう!』みたいな授業があって。

クラスメイトが嬉々として楽しそうな計画を作るなか、

私は何も浮かばなかったんですよ

別に、「理想を語ったところで、現実がそうなるとは限らない...」

とか、そういう大人びた理由があったわけでもなく。

ただ単純に、自分の理想的な人生が思い浮かばなかったんです。

ゴチャゴチャ考えても結局答えが出ず、「ない」と書いて提出しました。

そのあと先生に呼ばれ、「真面目に考えろ」と叱られた記憶があります。

 

ああ、確かに真面目に考えていればよかった...と今になって思いますね。

高い理想を抱いて生きると、プライドも自然に高くなっていくじゃないですか。

良い服を着たい、良い家に住みたい、良い人と暮らしたい...

そういうのが積もり積もっていけば、人として成長できたはずなんですよね。

 

いまさら後悔しても仕方ないので、ペラッペラの汚いコピー紙に

人生計画表を書いてみることにします。おやすみなさい。

 

ゲーマー女子のミノムシ生活

最近なかなか、ゆっくり時間をとれないので

一ヶ月に一回更新することにしました。

 

着々とひきこもりへ近づいていってる私。

学校が無かったら、確実に日の目を見ない生活を送っていたはず。

高校生時代に夢見た、キラキラの大学生活はどこにあるんだよ...。

女子大生全員が全員キラキラしてるわけではない、ということですね。

休日は家に篭りっきりですから。

部屋は特別汚いわけじゃないけど、カーテンが若干色あせてて

少し独特な雰囲気を醸し出しています。

 

一人暮らしなので、時々友達を呼んでスマブラしたりするわけです。

中学生の男子みたいだね!」と、実家の妹に揶揄されました。

何も言えません。私の精神はずっと中学生男子ですからね。

去年末まで彼氏もいましたが、全く趣味が合わず別れました.....

やっぱり価値観や趣味が合わないと、一緒にいても楽しくないんですよね。

なんで付き合っていたんだろう、と未だに考えるんですけど、

付き合うまでは楽しかったんですよね。そういうもんか。

恋愛は難しすぎる...

 

まあ、話は逸れましたが。

とにかく、私は家にいるあいだ、ミノムシみたいにうずくまって

ガサガサと微かな音を立てながら生活しているわけです。

運動も嫌いなので、ブクブクと太っていくばかり。

さすがにこのままじゃ人間としてダメになりそうなので、

手っ取り早くジョギングでも始めてみようかな...

 

やっぱり体育会系にはいつまでも憧れますからね。

うん、ジョギング始めます。(三日坊主にすらならない予感)

 

今日から新学期!

お久しぶりの更新。

 

4月になり、今日から大学の新学期が始まりました!

別に何も変わらず、いつも通りだけどね。

春休みがあまりに長すぎたので、少し身体が鈍ったかな。

 

学校へ行ったら、満開ってほどではないけど

桜が結構キレイに咲いていて少し感動しました。

写真撮り忘れちゃったけどね。

私の通っている某美大は、いい感じに季節を体感できるので

なかなか気に入っているんですよ。

秋は紅葉が美しくて、冬は枯れ枝に白い雪が映える。

風景の写生にもってこいな場所なんですよね。

めちゃくちゃ田舎だけど

 

まあ今日はオリエンテーションだけだったので、

14時頃に帰れることになり、近所のブックオフへ。

 

久々に入ったけれど、やっぱりブックオフは天国ですね。

絶賛インドア派の私は家にいることが何よりの幸せなので、

おもしろそうな漫画やCD、ゲームなどを血眼で探すわけです。

いやぁ、もういっそのことブックオフに住みたいよ

ブコフラー(ブックオフ愛好者のことを勝手にそう呼んでます)なら、一度は思うはず。

 

そういえば、以前友達から

美大生なら家で絵描けよ」と言われたことを思い出しました。

あれ?もっともすぎる意見だ...どうしようもない..反論もできない......

ゲーム選んでる場合じゃないのでは。

 

いやいや、良いんですよ。

四六時中絵を描いてる立派な人もいれば、私のような連中もいる。

対になることで世の中は成り立っているんですよ、そうに違いない。

自分に言い聞かせながら、「バイオハザード」やろうと思います。

「倫理学」の参考書がおもしろい

はい、空きました〜。日が空きましたよ。

あるある〜。

毎日更新を目標に頑張ろうとしてたのに、

そんなことは夢のまた夢だったよね...あるある。

 

きのう部屋を掃除していたら、大学受験の時に使っていた

「倫理」の参考書が出てきました。

懐かしい!という気持ちだけでパラパラめくってみたら、予想以上のおもしろさ

ちなみに私の通っていた高校には、倫理の授業がありませんでした。

 

じゃあ何で参考書を買ったかというと.....

「倫理」はセンター試験のなかで一番点数の取れる科目だからです。

個人差はあるかもしれませんが、まぁ有名な話ですよね。

頭が悪い私でも1ヶ月参考書読んだだけで8割以上は取れたので、間違いないです。

宗教文化や思想に興味ある方には、特におすすめの科目ですね。

 

まぁ、過去の話は置いといて。

とりあえず、きのうはその参考書を読み耽っていたんですよ。

倫理学っていうのは、まぁ哲学の一種で

雑に言えば、道徳観を学ぼう!っていう学問です。

時代ごとに色んな人物が登場して様々な考えを残していき、

それを実践していくわけです。

だから、宗教や歴史と深い繋がりがあるんですね。

 

たとえば古代ギリシアだったら、ソクラテスプラトン

アリストテレスなどの哲学者が有名です。

中国だったら孔子孟子、インドならばブッダマハーヴィーラ

パレスチナからはイエス・キリスト.....

近代の思想家も含めれば数え切れないほどいますが、

共通して考えていることは、人間が幸せに生きるにはどうすればいいか。

昔から、人は幸福を求めていたんですね。

 

学生の頃はこういう本を読んでも、

「思想家のおじさんたちって暇だったんだな、いいな。」

としか思えませんでしたが、少し年を重ねてから読んでみると

なかなか心にジーンとくるものがあります。

 

忙しいスピード社会だからこそ、

幸せについて考える時間が必要なんだなと思いました。

「いいから現実を見ろよ。」とか言われそうだけれど気にしない、気にしない。

 

今日はこれにておしまい。

「戦場のメリークリスマス」で鼻水が出るほど泣いた話

さっそく、最初の投稿から日が空いてしまいました.....

今日はタイトル通り、最近見た「戦場のメリークリスマス」について書きます。

読んだ本なんかもそうなんですけど、感想とかを書いておかないと

気が済まないタイプの人っているじゃないですか。私、それなんですよ。

というわけで、書いていくぞ〜。

 

 戦場のメリークリスマス1983年

監督:大島渚

出演者:デヴィッド・ボウイ坂本龍一ビートたけしトム・コンティ

 

いや、もうベッタベタな名作なんですけどね....

何をいまさら!って感じなんですけどね......

恥ずかしながら、私は2日前に初めて見たんですよ。

もちろん有名だからタイトルは知ってるし、テーマ曲も聴いた事あったけれど。

もうタイトルからしてバッドエンドじゃん、避けとこう...

と、長年見るのを避けてたわけです。確実に引きずっちゃうから。

でも、自分なりに勇気を出して見てみたわけですよ。

 

やっぱりとてつもなく悲しいじゃん!!!!ああぁ〜...

でもなんか見てよかった...と、何とも言えない複雑な気持ちになりました。

ストーリーは割愛しますが、題名からも分かる通り

「戦争」をテーマにした映画なんですよ。

戦争が人を狂わすこと、異人種の間で交錯する価値観の違い...

そういったものが生々しく描写されていて正直苦しかった。

 

そして、今でも語り継がれるラストシーン。

ハラ・ゲンゴ軍曹(ビートたけし)がジョン・ロレンス英軍中佐(トム・コンティ)に「メリークリスマス、ミスター・ロレンス!」と、叫ぶシーンですね。

映画を全編通して見てみて、やっとこのシーンの重みを理解できました。

少し涙目になりながらも、満面の笑みを相手に向けるハラ軍曹。

なんて悲しい悪夢だったんだろう、と感じられずにはいられませんでした。

ほぼこのシーンで鼻水垂れるほど泣いてしまったんですけれど、

うん、やっぱり見てよかったなと思います。

 

まだ見たことのない方は、ぜひ見てみてください。

では、おやすみなさい。